「なんで引いて捕れる」「たまらん」巨人坂本、ボール吸いつく“魔法のグラブ捌き”

5回に好守を見せた巨人・坂本勇人(左)【写真:荒川祐史】
5回に好守を見せた巨人・坂本勇人(左)【写真:荒川祐史】

高いバウンドにグラブを引き気味に出しショートバウンドで捕球

■巨人 10-5 DeNA(27日・東京ドーム)

 巨人の坂本勇人内野手が、華麗なグラブ捌きで本拠地を沸かせた。27日に東京ドームで行われたDeNAとの開幕第2戦。5回の守備で高く跳ねた打球を巧みに捕球し、ランニングスローでアウトに。キャプテンが見せた頼もしいプレーに「なんで引いて捕れるねん」「歴代最強ショート」などと絶賛の声が上がった。

 5回2死走者なしの場面。DeNA・田中俊が高く跳ねる打球を放つと、坂本は前進してショートバウンドで捕球。勢いのまま流れるような身のこなしで一塁へ送球した。間一髪でアウトを奪い、笑顔を見せベンチへ。球場はどよめきとともに拍手が巻き起こった。

 この美技を、DAZN公式ツイッターは「守備で魅せる 高いバウンドの打球を巧みにさばいてみせた」とのコメントを添えて動画を公開。これにはファンも「いや、たまらん」「ほんとかっこいい」「上手すぎて草」などと大絶賛だった。

【動画】ボールが吸いつく華麗なグラブ捌き 巨人坂本の美技

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY