鷹・川島、サヨナラ打以外に果たした役目…痛恨被弾の岩嵜を救った“たった一言”

ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】

同点の7回には松田のエラーで許す…川島は周東らにゲキ

■ソフトバンク 6-5 ロッテ(28日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの川島慶三内野手は28日、ロッテとの開幕第3戦(PayPayドーム)で9回にサヨナラ打を放ち、劇的勝利の主役となった。二転三転するすさまじい試合でチームを救い、土壇場で逆転を許して負け投手になりそうな岩嵜翔投手を救った。ベンチ裏に引き揚げる際、川島は岩嵜と熱く抱擁。感謝する後輩に言葉をかけた。

 同点で迎えた7回2死から松田のエラーをきっかけに勝ち越しを許したソフトバンク。8回裏にデスパイネの2ランで逆転するも、9回表2死から岩嵜が再逆転の2ランを献上した。重い空気も漂った9回裏。2死満塁までチャンスを広げ、川島がサヨナラとなる執念の2点打で試合に決着をつけた。

 殊勲の一打に川島は「あそこはみんなの思いだけ。みんなが繋いで繋いでね。ネクストに立った時から(ベンチの)みんなの声が聞こえていました」と振り返った。お立ち台では「松田と岩嵜を救ったのは僕で~す」と少しおどけてみせたが「みんなで松田を救うんだ」という気持ちがチーム内にはあった。

 7回に勝ち越しを許した直後の攻撃で、先頭の松田が凡退した際、川島はベンチの周東や今宮に「先輩のことを救えよ。明日は我が身だぞ」と声をかけたという。その今宮は9回2死から見事な繋ぎの二塁打。結果的には声をかけた川島自身がチームを救った。

昨季の開幕7戦目で満塁弾浴びた岩嵜に「声をかけてあげられなかった」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY