野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

3戦2発はともに“超難球”打ち…「私もそうだった」西武・辻監督が認めた森の天才性

西武は28日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦に5-1で快勝し、開幕3連戦に2勝1敗で勝ち越した。森友哉捕手が相手先発の山岡泰輔投手から先制2号2ラン。26日の開幕戦でも山本由伸投手から値千金の1号ソロを打っており、オリックスが誇る難攻不落の2枚看板をひとりで沈めた。

西武・森友哉【写真:荒川祐史】
西武・森友哉【写真:荒川祐史】

開幕戦では山本のカットボール、第2戦では山岡のインハイ速球を右翼席へ

■西武 5-1 オリックス(28日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は28日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦に5-1で快勝し、開幕3連戦に2勝1敗で勝ち越した。森友哉捕手が相手先発の山岡泰輔投手から先制2号2ラン。26日の開幕戦でも山本由伸投手から値千金の1号ソロを打っており、オリックスが誇る難攻不落の2枚看板をひとりで沈めた。

 初回1死二塁の先制機で打席に入った森は、カウント1-1から山岡が投じた内角高めの145キロの速球を振り抜き、右翼席へ放り込んだ。辻発彦監督は「難しい所(コース)を打つのが得意なバッター。私も(現役時代は)そうでした」と苦笑交じりに評した。

 実際、インハイは打者の目に最も近く、他のコースよりも速く見える。「内角高めが好きという打者はほぼ、いない」とも言われる。にも関わらず、早いカウントから思い切り振っていったのだから、並々ならぬ技術と神経の持ち主だ。森自身も「ちょっと詰まったけれど、芯でとらえ、いい形でスイングできた」とうなずいた。

 開幕戦で山本から打った右越えソロも、膝元の145キロの鋭いカットボールで、極めて難しい球だった。森は「空振りしたかなと思ったけど、打っていました」と独特の感覚を表現。辻監督は「天才だね」と最敬礼していた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」