高校通算55発も「1番下からのスタート」 ロッテ5位の18歳が歩む“大田泰示への道”

ロッテ・西川僚祐【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・西川僚祐【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

東海大相模高では通算55本塁打を放った右の長距離砲

 2021年のプロ野球が開幕した26日、プロとしての新たな一歩を刻んだ。ロッテのドラフト5位ルーキー・西川僚祐外野手は、イースタン・リーグの楽天戦(ロッテ浦和)に代打で公式戦初出場。舞台は2軍でも、前進には違いなかった。

 キャンプインからもうすぐ2か月。「自分は1番下からのスタートなので、毎日いろんなことを挑戦している状態。レベルはまだプロには達していないです」。チームの支配下ルーキーの中ではしんがり指名。東海大相模高を卒業したばかりの18歳は、プロの世界に慣れるのに必死だ。

 高校通算55本塁打の実績も、プロでは役に立たない。チームには、レアードや井上晴哉、山口航輝ら同じ右の長距離砲が揃う。「長距離を打つ人はたくさんいるので、もっともっとレベルを上げていかないといけないなと感じました」。守備や走塁も「まだまだ雑」。ルーキーに課題は山積み。それでも、もがきながら成長していった過程が、険しい道のりに向かう自らの背中を押してくれる。

 すり足から足を上げるフォームに変更した中学時代。軟式から硬式にボールが変わり、変化球にも対応するためだった。中3で出場したジャイアンツカップ決勝では、東京ドームの右翼スタンドに流し打ちで豪快な一発を叩き込んだ。

 高校時代にもバッティングを大幅に改造した。転機は、2年夏の甲子園。同級生の山村崇嘉(現西武)や、鵜沼魁斗らと共に注目される中、西川は2試合で8打数無安打に終わった。チームは2回戦で敗退。悔しさを糧へと昇華させるには、変化が必要だと思った。

「2年夏までのことを全部やめて、新しいバッティングに変えました」

最も変わったのはフォームより“意識”「ホームランを打ちたい欲を捨てた」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY