大谷翔平は「目に見えてデカくなった」 OP戦最終登板へ、投手コーチは成長実感

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

30日のドジャース戦に「2番・投手」で先発

■ドジャース – エンゼルス(オープン戦・日本時間30日・ロサンゼルス)

 エンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地・ドジャースとのオープン戦で「2番・投手」で先発出場する。投打同時出場の“リアル二刀流”は、前回登板21日(同22日)に続いて2週連続。試合前、マット・ワイズ投手コーチはここまでの調整を振り返り「直球のスピードを試合の状態に近づけたり、彼は上手くやっていたと思う。非常に順序立ててものごとを行う選手。練習をするときはプランを常に持っている」とうなずいた。

 大谷は前回21日のパドレス戦で、4回5奪三振2安打1失点。渡米後最速となる101.9マイル(約164.0キロ)を記録した。ワイズ投手コーチも速球に頼もしさを感じつつ「彼にとって大事なことは、それをマウンドに上がっている間継続したり、スプリットやスライダー、カーブの動き方を確認すること。彼は見ていて興味深いことを極まりない。今夜とその先、彼の登板に私はとてもワクワクしている」と開幕前最終登板に期待した。

 昨季までとの違いについては「彼がオフシーズンに取り組んだ練習の動画を見た。彼は目に見えて以前よりデカくなっていた。具体的にどれくらい体重が増えたのかはわからないが、彼は大柄の選手。ブルペンでの球速を見ても、非常に心強かった」。渡米4年目を迎え、英語についても「良いね。彼はスペイン語もある程度話す、その姿は見ていて楽しい。彼の周りにいるととても楽しい。才能もあるし、性格も良い。とても楽しい選手だね」と実感していた。

【比較写真】胸板、肩まわり…明らかにゴツくなった大谷

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY