大谷翔平、大荒れ自己最悪7失点 右手中指マメ潰すも軽傷強調「次は大丈夫」

ドジャース戦に先発も3回途中7失点で降板したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
ドジャース戦に先発も3回途中7失点で降板したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

敵地ドジャース戦で「2番・投手」で先発出場、打撃は見逃し三振で打率.552

■ドジャース – エンゼルス(オープン戦・日本時間30日・ロサンゼルス)

 エンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、ドジャースとのオープン戦で「2番・投手」で先発出場した。初回の第1打席は見逃し三振。投球ではフォーシームの制球が荒れて、2回1/3で3奪三振5四球4安打7失点した。7失点はNPB時代を含めて自己ワーストタイ。防御率12.19となった。最速は99.4マイル(約160.0キロ)。登板後、大谷は右手中指マメを潰したことを明かし、「この間の登板で出来たマメ。球数を投げることを優先していきました。(次回登板は)大丈夫かなと思います。ここから1週間投げて(患部が)強くなってくれれば」と軽傷を強調した。

 オープン戦最後の登板は大荒れの投球となった。初回、1死からシーガー、ターナー、ポロックへの3四球などで2死満塁のピンチを招いた。マンシーにはカーブ連投して1ボール2ストライク。しかし、99.4マイルのフォーシームを引っ掛けて暴投となった。その後、空振り三振に抑えたものの、先取点を献上した。

 2回は先頭・スミスに四球を献上。続くテイラーに追い込んでから甘く入ったスライダーを左越え2ランとされた。ラックスを中飛、ベッツをスプリットで空振り三振に仕留めたものの、シーガーに3ボールから左越えソロを浴びた。

 3回は1死からポロックの四球、マンシーの投手強襲の中前打でピンチを招き、スミスに右越え3ランを被弾した。ここで降板。63球のうちストライク31球とコントロールが安定しなかった。7失点は2018年3月16日のロッキーズとのオープン戦以来、自己ワーストタイだ。

 バットでは初回1死、左腕ウリアスに見逃し三振。オープン戦打率.552となった。投打で順調な調整を進めていたが、オープン戦最終登板の結果は悔しいものとなった。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY