野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、初の開幕投手で白星ならずも指揮官評価「最終的に試合を作ってくれた」

前田健太、初の開幕投手で白星ならずも指揮官評価「最終的に試合を作ってくれた」

ツインズの前田健太投手は1日(日本時間2日)、メジャー6年目で初の開幕投手として敵地・ブルワーズ戦に先発した。5回途中6安打2失点(自責1)で降板し、今季初勝利はならなかった。延長10回に5-6でサヨナラ負け。ロッコ・バルデリ監督は試合後、前田について「最終的に彼は試合を作ってくれた」と称えた。

開幕戦のマウンドに上がったツインズ・前田健太【写真:AP】
開幕戦のマウンドに上がったツインズ・前田健太【写真:AP】

勝利導けずも変わらぬ信頼「なんとか乗り切る方法を見つけることができる」

■ブルワーズ 6ー5 ツインズ(日本時間2日・ミルウォーキー)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ツインズの前田健太投手は1日(日本時間2日)、メジャー6年目で初の開幕投手として敵地・ブルワーズ戦に先発した。5回途中6安打2失点(自責1)で降板し、今季初勝利はならなかった。延長10回に5-6でサヨナラ負け。ロッコ・バルデリ監督は試合後、前田について「最終的に彼は試合を作ってくれた」と称えた。

 前田は初回に3者凡退と順調に立ち上がったが、2点先取した3回に2死満塁からショーに押し出し四球を献上。4回は2死から一、二塁としたものの、ヒウラを空振り三振に抑えた。しかし5回、先頭・イエリッチの右前打、遊撃・シモンズのエラーなどで1死一、二塁のピンチを招いたところで降板。4回1/3で88球(ストライク57球)、5奪三振3四死球、6安打2失点(自責1)で防御率2.08となった。

 バルデリ監督は「非常に良いピッチャーは、調子が悪くても試合を作ることができる。ケンタはそれをしていた」と強調。「多くの日で彼は思ったところにボールを投げられるが、それができない日でもなんとか乗り切る方法を見つけることができる」と及第点を与えた。

 まだ1試合が終わったのみ。指揮官も「今シーズンは始まったばかりで、これから長い道のりが待っている。彼はいくつかのイニングを乗り切るのにかなり力を要した。80球ちょっと投げたところで、さらにピンチを投げさせるというのは正しいことだと思わなかった」と降板タイミングの意図を説明した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」