野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュは「本調子ではなかった」 5回途中で降板…“専属捕手”が語った要因

ダルビッシュは「本調子ではなかった」 5回途中で降板…“専属捕手”が語った要因

パドレスのダルビッシュ有投手は1日(日本時間2日)、4年ぶりの開幕投手として本拠地のダイヤモンドバックス戦で先発し、4回2/3を2被弾を含む8安打4失点。今季初勝利の権利まであと1死届かなかった。試合後、マスクを被ったビクター・カラティニ捕手は「彼の制球は本調子ではなかった。昨年と比べて今日の変化球は本来の形ではなかったし、昨年と同じところに来ていなかった」と苦戦の投球を振り返った。

開幕投手を務めたパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
開幕投手を務めたパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

勝利投手の権利目前での降板「明日2人で確認しようと思っている」

■パドレス 8ー7 Dバックス(日本時間2日・サンディエゴ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 パドレスのダルビッシュ有投手は1日(日本時間2日)、4年ぶりの開幕投手として本拠地のダイヤモンドバックス戦で先発し、4回2/3を2被弾を含む8安打4失点。今季初勝利の権利まであと1死届かなかった。試合後、マスクを被ったビクター・カラティニ捕手は「彼の制球は本調子ではなかった。昨年と比べて今日の変化球は本来の形ではなかったし、昨年と同じところに来ていなかった」と苦戦の投球を振り返った。

 ダルビッシュは初回、連打で2死一、二塁のピンチを招き、カブレラに左前へ先制適時打を献上。しかし、2回からの3イニングは無失点に抑え、チームは4回までに6得点を奪い、援護をもらった。暗転したのは5点リードとした5回。1死からマルテに中越えソロを被弾すると、カブレラにも右越え2ランを浴び、2点差に迫られたところで降板。4回2/3で93球(ストライク64球)を投げ、8安打4失点。6奪三振1四球で、最速は98マイル(約157.7キロ)だった。

 オフにダルビッシュの“専属捕手”として、トレードで一緒に新天地へとやってきたカラティニ。右腕エースの“苦投”にも「しかし、彼は改善しようとしていた。最も重要なことは彼が健康で、腕の状態が良いと感じられることだ」と強調した。互いに勝手知った仲だけに「明日2人で確認しようと思っている。彼は自分自身のこと、技術的なこと、変化球のこと、全部よくわかっている。2人で振り返って次に繋げたい」と語った。

 次戦に向け「2人の間でのコミュニケーションが大事だと思っている。特にイニング間の。その日に効果的な球がなにかによって計画を立てている。2人で話し合って、良いコミュニケーションを取って、計画を立てているよ」と説明。相性抜群のコンビは修正を重ね、今季初勝利へと向かっていく。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」