野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、辛抱の先に見えた感覚「後は一つ一つのピースを正しい位置に持っていくだけ」

ダルビッシュ、辛抱の先に見えた感覚「後は一つ一つのピースを正しい位置に持っていくだけ」

パドレスのダルビッシュ有投手は、4月1日(日本時間2日)のダイヤモンドバックス戦に先発し、2本塁打を含む8安打4失点1四球6奪三振で5回途中降板。新天地サンディエゴで4年ぶり2回目となる開幕投手で白星を手にすることは出来なかった。「全体的に自分の思ったところにコントロールができていなかった」と振り返った今季初登板からダルビッシュは何を得たのか。

開幕投手を務めたパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
開幕投手を務めたパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

5回途中4失点で降板「楽しんでいる余裕はなかった」

■パドレス 8ー7 Dバックス(日本時間2日・サンディエゴ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 パドレスのダルビッシュ有投手は、4月1日(日本時間2日)のダイヤモンドバックス戦に先発し、2本塁打を含む8安打4失点1四球6奪三振で5回途中降板。新天地サンディエゴで4年ぶり2回目となる開幕投手で白星を手にすることは出来なかった。「全体的に自分の思ったところにコントロールができていなかった」と振り返った今季初登板からダルビッシュは何を得たのか。

 初回に1失点も、味方打線の援護をもらい5点リードで勝利投手の権利が生まれる5回のマウンドに上がった。しかし、1死から2番・マルテに左中間へのソロを許すと、2死一塁から5番・カブレラに右翼席へと運ばれ一挙3点を失いマウンドを譲った。球数は93球。「体力的にはまったく問題はなかったですが、すごく我慢のピッチングが続いていました」と口元を引き締めた今季の初登板。実は、登板前から自分との闘いが始まっていた。

「試合前のブルペンでもなるべくいい状態に戻すように必死だったので。最後の最後まで楽しんでいる余裕はなかったです」

 伏線があった。3月25日(同26日)のオープン戦最終登板では思わぬ“落とし穴”が待っていた。相手投手の踏み込みが強く、穴状に掘れた着地点と自分の左かかとが重なってしまい意識を乱された。あれから1週間、投球のメカニクスに生じた狂いを調節しきれずに迎えた大事な開幕戦だった。「球が見やすいような投げ方だったのはわかっていました」と振り返った中で、そのサンプルになるのが降板につながった5回のカブレラの2ランだった。

 カウント0-1から外角やや高めの97マイル(約156キロ)の速球を捉えられた。

「僕は真っすぐを投げる時は、コースを狙って投げるわけではないので。あそこにいっても大丈夫だと思って投げました」

 オープン戦ではカラティニ捕手が構えたミットとは逆のコースに投じた球でも手痛い一撃は食らわなかっただけに、本来の状態であれば結果は違っていたはずであろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」