野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ああいう姿勢は大事」 DeNA浜口、6回2失点“涙の降板”も指揮官が評価した姿

降板後のベンチで涙を堪えることができなかった。DeNAの浜口遥大投手が2日の広島戦に先発登板し、6回2失点とゲームを作ったが、味方の援護がなく敗戦投手となった。

DeNA・浜口遥大【写真:荒川祐史】
DeNA・浜口遥大【写真:荒川祐史】

浜口は6回2失点も降板後に涙「1イニングでも長くと思っていましたが…」

■広島 4ー0 DeNA(2日・横浜)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 降板後のベンチで涙を堪えることができなかった。DeNAの浜口遥大投手が2日の広島戦に先発登板し、6回2失点とゲームを作ったが、味方の援護がなく敗戦投手となった。

 エースの今永が左肩手術の影響で出遅れ、自身初の開幕投手となった浜口だが、3回6失点で降板となった。浜口は「チームとして新しい1年を迎える中で、送り出してくれた人や応援してくれる人の期待に応えることができなかった。二度とああいう思いはしたくない」と晴れの舞台で結果を残せなかったことを悔やんだ。

「チームに勢いを持ってくる投球ができなかった」と左腕が反省したように、その後、チームは6試合勝ちがないまま、自身2度目の登板を迎えた。

 初回に三浦監督が「大和にしては珍しいプレーだった」と驚いた名手の失策からピンチを招いて失点したが、2回以降は粘りの投球で5回まで1失点に抑えた。3者凡退に抑えたのは5回の1イニングのみだったが、走者を許しても2併殺でピンチをしのぐなど、持ち味のゴロを打たせる投球で広島に追加点を許さなかった。

 西川に一発を浴びて2点目を許した6回には、前の回から張りが出ていたという左足に異変を感じた投手コーチがマウンドに歩み寄った。コーチを押し戻すように続投した左腕は、この回最後の打者となった堂林を三振に打ち取り、派手なガッツポーズを見せた。ベンチに戻り、降板を告げられた浜口は、三浦監督と言葉を交わした後、悔しさを咬み殺した表情で、その目には光るものがあった。

 浜口は「チームが勝てていない状況で初回に点を与えてしまい、チームに流れを作ることができませんでした。6回にも大事なところで追加点を与えてしまって悔いが残ります。1イニングでも長くと思っていましたが、降板することになり悔しいです」と冷静に話した。

 6回途中からのやり取りについて指揮官は「マウンドから戻ってきたコーチから、本人が投げます、と強い口調で言っていたと報告を受けたので、あの回は終わりまで投げさせた。(ベンチに戻った浜口には)まだ試合は続いていたし、ナイスピッチング、と言っただけ」と経緯を説明。投球に関しては「前回からの1週間でしっかり調整をしてくれた。表情や投げている姿を見ても、非常に気合が入っていた。ああいう姿勢は大事」と、高く評価した。

 新監督として臨んだシーズンで開幕から7試合勝ち星なしと、長いトンネルを抜けられない状態が続くが、三浦監督は「みんながああいう気持ちを持ち続けて、しっかりやっていくしかない」と、開幕投手を任せた左腕の気迫に初勝利への光明を見出していた。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」