野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ヒヤっとした」「怖すぎる」 ロッテ藤原、危機一髪の“シャチホコ姿”にファン心配

ロッテは2日の日本ハム戦(札幌ドーム)を16-4で快勝し、開幕5連敗から一転し4月は連勝スタートを飾った。「9番・中堅」でスタメン出場した藤原恭太外野手は3打数1安打1打点、守っても執念の“シャチホコキャッチ”を見せつけた。

ロッテ・藤原恭大【画像:パーソル パ・リーグTV】
ロッテ・藤原恭大【画像:パーソル パ・リーグTV】

8回の守備でダイブも芝に上半身を取られ…

■ロッテ 16ー4 日本ハム (2日・札幌ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは2日の日本ハム戦(札幌ドーム)を16-4で快勝し、開幕5連敗から一転し4月は連勝スタートを飾った。「9番・中堅」でスタメン出場した藤原恭太外野手は3打数1安打1打点、守っても執念の“シャチホコキャッチ”を見せつけた。

 8回の守備だった。藤原は無死二塁から西川の中前打に猛チャージをかけダイビングキャッチを試みた。ワンバウンドでグラブに収まりタイムリーとなったが、外野の芝生に上半身が引っ掛かり“シャチホコ”の様な体勢に…。

 この執念のプレーと最終打席で飛び出した左翼線二塁打を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも「藤原恭大 ”気迫の守備”と“明日につながる一打”」とのタイトルで動画を公開。抜群の柔軟性で怪我はなかったが、冷や冷やのプレーにファンも「怪我なくて良かった」「本当にヒヤっとした」「これは怖すぎる」「危ない…」と、心配する声が多く寄せられていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」