大谷翔平、今季初ベンチスタート 走者交錯も指揮官明言「明日の打線復帰を期待」

5日の試合で走者と交錯したエンゼルス・大谷翔平(手前)【写真:AP】
5日の試合で走者と交錯したエンゼルス・大谷翔平(手前)【写真:AP】

アストロズ戦は今季初のベンチスタート

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のアストロズ戦で今季初のベンチスタートとなった。ジョー・マドン監督は6日(同7日)の同カードでスタメン復帰させる意向を明かした。報道陣から大谷の状態について問われ、「昨夜の話から分かるように彼は良い状態だった。明日打線復帰? その通りだ。それが私の期待するところだ」と話した。

 大谷は前日4日(同5日)の本拠地・ホワイトソックス戦で「2番・投手」で出場。初回に先制2号ソロを放ち、投げては5回途中2安打3失点。本塁ベースカバーに入った際に走者と交錯して転倒。そのまま降板となっていた。試合後、大谷は「問題ないと思いますね。時間が経てばそこまでもないかなと思います」と軽傷を強調していた。

 この日の試合はベンチスタート。指揮官は「昨夜話した時、出場したがっていた。だから、その時点で(出場するかどうか)話し合った。彼は今夜、代打で出場する可能性はある」と代打起用する可能性を示唆した。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY