菊池雄星、6回5安打2失点&2戦連続QSに手応え 「自信にして次は勝ちたい」

敵地でのツインズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
敵地でのツインズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

チームは延長戦を制し連勝「こういうピッチングを続けていけばチャンスは増えていく」

■マリナーズ 4ー3 ツインズ(日本時間11日・ミネソタ)

 マリナーズの菊池雄星投手が10日(日本時間11日)、敵地ツインズ戦に今季2度目の先発登板。6回5安打2失点6奪三振の好投を見せたが打線の援護なく今シーズン初勝利はお預けとなった。強打のツインズ打線を2失点に封じ「今日のピッチングを自信にして次も投げていきたい」と振り返った。

 2試合連続クオリティースタート(QS)の好投に菊池も手応えを感じていた。唯一の失点は3回1死一塁からクルーズに浴びた2ランのみ。その後は走者を背負った場面でも冷静に打者を打ち取りピンチを切り抜けた。

 初勝利は逃す形となったが試合後は「ツインズに投げれるのは凄く楽しみにしていた。特に良い右バッターが多くて。どうやって勝負していくか凄く楽しみだった。今日のピッチングを自信にして次も投げていきたい」と手応えを口にした。

 菊池の力投もありチームは延長戦を制し連勝。開幕から2戦連続で好投を続ける左腕は「チームが今日勝ったのでハッピーですし、こういうピッチングを続けていけばチャンスは増えていく。自信にして次は勝ちたいと思います」と語っていた。

【動画】156キロの「圧倒的」な真っすぐで三振を奪う菊池雄星

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY