澤村拓一、初のイニング跨ぎで4戦連続0封 高速スプリットは「慌てずに投げられた」

オリオールズ戦に登板したRソックス・澤村拓一【写真:AP】
オリオールズ戦に登板したRソックス・澤村拓一【写真:AP】

7回2死から1回1/3で無安打無失点「準備はしていた。チームが勝ててよかった」

■Rソックス 14ー9 オリオールズ(日本時間12日・ボルティモア)

 レッドソックスの澤村拓一投手は11日(日本時間12日)、敵地・オリオールズ戦の7回途中から救援登板。1回1/3回を投げ、1四球無安打無失点と好投した。メジャーデビューから4試合連続無失点。フォーシームの最速は97.2マイル(約156.4キロ)を記録した。チームの6連勝に貢献し、澤村は「準備はしていた。チームが勝てて良かったです。しっかり準備をして試合に臨むだけですね」と振り返った。

 3点差に迫られた7回2死からマウンドへ。スチュワートを94.5マイル(約152.1キロ)の高速スプリットで三飛に打ち取った。7点リードとなった8回も続投。先頭・フランコを三飛、ルイーズを中飛に仕留めた。セベリーノには四球を与えたものの、続くウリアスを三飛に打ち取った。渡米後初のイニング跨ぎで、きっちりと結果を出した。「(7回2死から)2球で終わったのは次のイニングを投げる上では良かったです」と振り返った。

 高速スプリットについては「ボール先行でも慌てることなく投げられたと思います」と振り返った。8回2死のセベリーノへの投球中、右手を口に当てたところを球審から注意された。次の投球がボールとなった。「投手コーチと話が出来た。注意していければ」と澤村。コーラ監督は「彼は学んでいる途中。同じことは繰り返さないだろう」と話した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY