夕張メロン、エゾシカ缶詰… 日本ハムが北海道特産品付きチケット発売

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

「北海道シリーズ 2021 WE LOVE HOKKAIDO」の開催期間に発売

 日本ハムが「北海道シリーズ 2021 WE LOVE HOKKAIDO」の開催期間に「北海道179市町村応援大使 2021 特産品付チケット」の第2弾を発売する。

 チケットは5月7日~5月16日の東京ドームを含む全8試合にて販売。夕張市の夕張メロンや遠軽町のエゾシカ缶詰セットなど、8市町の特産品を自宅で堪能できる。旬の時期に北海道から産地直送で届く特産品は、プレゼントやお土産としても最適なものとなっている。

 さらに5月11日、5月12日の東京ドーム開催試合では「北海道179市町村応援大使 2021 特産品付チケット」第1弾の一部の商品も販売する。倶知安町のグリーンアスパラガスや、洞爺湖町のほたてベビー&ほたて燻セット、士幌町のしほろ牛ステーキ&ハンバーグセットを自宅で味わうことができる。

 日本ハムは昨季、北海道179市町村応援大使のコラボ企画として「特産品応援プロジェクト」を実施。新型コロナウイルスの影響により、特産品の売り上げが落ち込んだ市町村を支援すべく、応援大使が就任した各市町村の特産品の情報発信を行った。今季も北海道が誇るグルメを食べて応援しよう。

 商品、チケットの販売場所、引換方法などの詳細な情報は球団公式HPにて。

(「パ・リーグインサイト」高橋優奈)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY