大谷翔平の192キロ二塁打に「感銘を覚える」 “猛打賞”に指揮官「良くなり続ける」

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

4番レンドンがIL入りの一戦で躍動「フィールド全体を使いこなしている」

■エンゼルス 10ー3 ロイヤルズ(日本時間13日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回に5試合連続安打となる左前打、7回に右越え2点二塁打を放つと、9回には左翼へダメ押し適時二塁打。5打数3安打3打点で今季初の“猛打賞”に、ジョー・マドン監督も試合後「現在の彼のスイングが力強いという話をこれまでにもしてきた。フィールド全体を使いこなしている。とにかく良くなり続けるだろう。彼は自身の状態についても非常にいい感触を得ている」と手放しで絶賛した。

 大谷は初回1死、打球速度107マイル(約172.2キロ)の高速打球で左前へ。3回無死一、三塁ではニゴロ併殺打、5回2死二、三塁では遊ゴロ失策に倒れたものの、7回2死二、三塁には3番手右腕・バーローから右越え2点二塁打を放った。打球速度は自己最速で今季メジャー最速の119マイル(約191.5キロ)を記録した。9回無死一塁では左翼へダメ押し適時二塁打を放って大暴れ。チームは14安打と打ちまくり、10-3の大勝で2018年5月7日以来1071日ぶりに地区単独首位に立った。

 4番のレンドンが負傷者リスト(IL)入りした一戦で見せた打席での躍動。2点適時二塁打が119マイルの爆速だったことを問われた指揮官は「偶然にも教えてもらったよ。感銘を覚える。彼は現在素晴らしいアスリートだ」と強調。5戦連続安打と結果が出ていることに「彼は多くの異なる球に対応している。高めの直球もそう。以前追っていたような球も、今は追わなくなっている」と要因を語った。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY