大谷翔平、特大4号ソロで日米通算100号王手 2戦連続猛打賞で打率.364、エ軍惜敗

ロイヤルズ戦で本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ロイヤルズ戦で本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2番スタメンで快足内野安打、特大4号ソロ、179キロ右前打

■ロイヤルズ 3ー2 エンゼルス(日本時間14日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回の遊撃内野安打で6試合連続安打をマーク。5回の第3打席で特大4号ソロを放った。9回の右前打で2試合連続の猛打賞を記録。5打数3安打1打点で打率.364となった。チームは2-3で敗れた。

 特大弾は2点を追う5回2死だ。通算65勝左腕ダフィーのスライダーをバットに乗せ、バックスクリーン右へアーチを描いた。打球速度109マイル(約175.4キロ)、飛距離431フィート(約131.3メートル)。打った瞬間それと分かる一発だった。日米通算100本塁打(MLB51発、NPB48発)に王手をかけた。

 初回1死では遊撃内野安打。ロイヤルズ側がチャレンジを要求したが、セーフの判定は覆らなかった。秒速29.5フィート(約9メートル)の速さだった。3回先頭は左飛、7回1死は好守に阻まれて二直に打ち取られた。9回1死一塁では右前打を放った。打球速度111マイル(約178.6キロ)の高速打球だった。

 開幕投手を務めたバンディが7回5安打3失点(自責2)と好投。打線はロイヤルズを上回る12安打を放ったが、トラウトが5打数1安打4三振とブレーキになった。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY