大谷翔平、トップに1本差に迫る特大4号ソロに米記者驚愕 「完全にボールを破壊」

5回に4号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
5回に4号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

初回に遊撃内野安打、第3打席で4号ソロを放ち2試合連続マルチ安打をマーク

■ロイヤルズ ー エンゼルス(日本時間14日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席では3試合ぶりの4号本塁打を放った。飛距離431フィート(約131.3メートル)の特大アーチに米記者も「完全にボールを破壊した」と驚愕の声を上げている。

 完璧な一発だった。大谷は2点を追う5回2死で迎えた第3打席。左腕ダフィーから右中間へ飛距離431フィート(約131.3メートル)の特大ソロを放った。打った瞬間にそれと分かる一発はこの時点でトップに1本差に迫る4号本塁打だった。

 圧巻の特大ソロに米記者も驚愕の声を上げていた。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は自身のツイッターで「たった今、完全にボールを破壊した」と唖然、カンザスシティのラジオ局「610スポーツKC」のコディ・タップ氏も「本当にアンビリーバブルだ」と驚きの声を上げていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY