鷹が「タカガール・デー」で13年目のピンクリボン運動を実施 中村晃が乳がん患者と交流

中村晃が乳がん経験者や乳がん患者のファンとオンライン交流会を行った【写真:球団提供】
中村晃が乳がん経験者や乳がん患者のファンとオンライン交流会を行った【写真:球団提供】

今季の「タカガール・デー」は5月8日、9日の西武戦で実施される

 ソフトバンクは14日、5月8日と5月9日の西武戦で開催する「タカガール・デー2021」において、乳がんの撲滅、検診の早期受診を啓発・推進する「ピンクリボン運動」の取り組みを実施すると発表した。この「ピンクリボン運動」はソフトバンクとして13年目を迎える活動となる。

「ピンクリボン運動」では選手がピンクリボンユニホームを着用して試合に臨み、そのユニホームは後日、「ピンクリボンチャリティーオークション」に出品される。また、球場内のベースやネクストバッターズサークルなどもピンリボンデザインとなり啓発活動に繋げ、PayPayドーム外周では検診車による乳がん検診も実施される。

 中村晃外野手が安打数に連動して認定NPO法人「ハッピーマンマ」へ寄付を行うことも併せて発表に。この活動は4年目となり、1安打につき1万円を、乳がん啓発活動や乳がん患者サポートのために寄付する。中村晃はこの日、乳がん経験者や乳がん患者のファンとオンライン交流会を実施。「野球をしていることで元気、勇気をもらえると言ってもらえるのは励みになります。いいプレーをして、応援に応えられるように頑張っていきます」と語っていた。

 また、2020年度の活動では、ロッテの鳥越裕介2軍監督の寄付金も含み、845万5716円が集まり、この日、中村晃から認定NPO法人「ハッピーマンマ」の大野真司・代表理事に贈呈された。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY