侍ジャパン、初の赤ユニホーム発表! 稲葉監督「この戦闘服を着て金メダルを獲る」

野球日本代表「侍ジャパン」の新ユニホーム(中央)【写真提供:アシックス】
野球日本代表「侍ジャパン」の新ユニホーム(中央)【写真提供:アシックス】

「非常にカッコいいなと。燃えてくるものがある」

 野球日本代表「侍ジャパン」は14日、全世代が2021年に着用するユニホーム発表会見を行った。トップチームからは稲葉篤紀監督、女子代表として里綾実投手らが参加した。

 今年の代表ユニホームはホーム、ビジターに加えセカンドビジターユニホームを採用。日の丸の赤を基調としたユニホームに稲葉監督は「この戦闘服を着て金メダルを獲る」と意気込みを口にした。

 アマチュア時代を含め赤のユニホームは「初めてです」と斬新なユニホームに目を輝かせ「最初、赤が入った時にどういうイメージになるかと思っていたが今日見て非常にカッコいいなと。燃えてくるものがある」と意気込みを口にした。

“スピード&パワー”を掲げ悲願の金メダルを目指していく。代表24人の絞り込みについては「選手たちはシーズンに入って一回りして、ある程度今年のシーズンが切れた。この二回りはある程度、調子を見ながらやっていく。怪我人も出ているのでしっかり見ていく」と慎重に進めていくことを明かした。

【写真】赤の新ユニホームで始球式を行った高橋由伸氏

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY