大谷翔平は「ボールを引き裂いた!」 特大弾にエ軍OB驚愕「どこまで飛んでいくのか」

4号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
4号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

エンゼルスOBの名物解説者グビザ氏「打球の角度も非常に素晴らしい」

■ロイヤルズ 3ー2 エンゼルス(日本時間14日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で遊撃内野安打を放つと、5回の第3打席では3試合ぶりの4号本塁打を放った。飛距離431フィート(約131.3メートル)の特大弾にエンゼルスOBも「なんて仕事、スイング。どこまで飛んでいくのか」と賛辞を送っていた。

 大谷の活躍ぶりは敵地でも止まらない。初回の第1打席では平凡な遊撃へのゴロを快足を飛ばし内野安打。さらに5回の第3打席では右中間へ特大の4号ソロを放ち2戦連続、今季5度目のマルチ安打をマークした。

 この試合を中継した「バリー・スポーツ・ウエスト」で解説を務めた名物解説者のマーク・グビザ氏は圧巻のアーチに「なんて仕事だ、オフスピードピッチを引き付けて打った。体重を残し、ボールを引き裂いた! 打球の角度も非常に素晴らしい。どこまで飛んでいくのか」と大興奮。

 大谷も打った瞬間に確信し、外野手も飛球を追うのを諦めた一打に「なんてスイングだっただろう。また笑顔を浮かべています」と、満足そうに“後輩”の活躍を振り返っていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY