鷹・柳田でさえ手も足も出ない? オリ山本の150キロ超フォークが「反則すぎ」

山本由伸が高速フォークで柳田悠岐を空振り三振に仕留めた【画像:パーソル パ・リーグTV】
山本由伸が高速フォークで柳田悠岐を空振り三振に仕留めた【画像:パーソル パ・リーグTV】

初球は157キロの速球、最後は150キロのフォークで空振り三振に仕留めた

■ソフトバンク 4ー1 オリックス(14日・PayPayドーム)

 オリックスの山本由伸投手が14日のソフトバンク戦(PayPayドーム)に先発。5回1/3を8安打5奪三振3四球3失点で2敗目(2勝)を喫した。しかし、初回の柳田悠岐外野手との対決は見ごたえ十分。球界屈指の強打者に対して150キロフォークを連発して空振り三振に奪った右腕に驚きの声が挙がっている。

 初回1死で迎えた柳田との最初の対決。山本は初球に157キロの直球を投じると、2球目は150キロフォークで空振り。そしてカウント2-2からの5球目のフォークは再び150キロを計測。柳田のバットは空を切った。

「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「【150フォーク連発】怪物・山本由伸vs怪物・柳田悠岐【異次元対決】」として2人の対決を動画投稿するとファンは反応。「150キロの変化球って凄すぎる」「心なしか2人とも勝負してて楽しそうな顔してる」「フォークで150とか反則すぎでしょ」「マジで現状日本球界最強ピッチャーだと思う」「どっちも怪物でエグい まじ球界の宝だね」「150キロで落ちるだと!?」などとコメントを寄せている。

【動画】オリ山本の「150キロの変化球」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY