洗濯カゴでビールかけ? 有原航平、初勝利のド派手祝福に感激「貴重な経験」

試合後会見に臨んだレンジャーズ・有原航平(画像はスクリーンショット)
試合後会見に臨んだレンジャーズ・有原航平(画像はスクリーンショット)

メジャー初勝利のウイニングボールは「帰って妻に渡したいなと思います」

■レンジャーズ 5ー1 レイズ(日本時間15日・セントピーターズバーグ)

 レンジャーズの有原航平投手は14日(日本時間15日)、敵地のレイズ戦で今季3度目の先発登板。6回途中3安打無失点と好投し、待望のメジャー初勝利を挙げた。筒香嘉智外野手とのメジャー初対決は2打数無安打。試合後のオンライン会見ではチームから“MVP”に選ばれ、カウボーイハットを被って登場した。

 少しだけ照れくさそうだった。有原はカウボーイハットを被って登場した理由について「勝った日のMVPに選んで頂いたので被っています」と笑顔で明かした。ロッカールームでもチームメートから派手に祝福されたようだ。エンゼルス・大谷は2018年のメジャー初勝利時に洗濯カゴに入れられた状態で体中にビールなどをかけられたが、有原もまさにそのような祝福を受けたという。

「まさにそんな感じで楽しかったです。クラブハウスで皆さんに盛大に祝っていただいたので。すごく貴重な経験ですし、すごく楽しかったです」。もちろんウイニングボールもゲット。「ロッカーにあります。(遠征先から)帰って妻に渡したいなと思います」と明かした。

 投球では多彩な変化球を駆使。日本人対決となった筒香には1点リードの2回1死二、三塁で空振り三振に仕留めた。「打者を抑えることしか考えていないので。雰囲気を感じ取る余裕はなかったです」と振り返った。5回2/3で85球での降板となった。「もう少しいきたい気持ちはあった。次はいかせてもらえるように」と課題を口にした。

 日米通じて初の中4日の登板で結果を残した。次回登板は19日(日本時間20日)からのエンゼルス3連戦が見込まれる。「(大谷との対戦は)ちょっと考えてます。いよいよ始まったなと。ここからがスタートなので。ここからしっかり頑張りたいなと思います」と前を向いていた。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY