難病と闘うオリ西浦、自力歩行まで回復 ファン応援「絶対、京セラに戻ってこれます」

オリックス・西浦颯大【写真:荒川祐史】
オリックス・西浦颯大【写真:荒川祐史】

昨年11月に国指定の難病である「両側特発性大腿骨頭壊死症」を公表

 オリックスの西浦颯大外野手が15日、自身のツイッターを更新。「両側特発性大腿骨頭壊死症」の難病で両足の手術を行ったが、自力歩行できるまで回復したことを報告した。

 西浦は昨年11月に国指定の難病である「両側特発性大腿骨頭壊死症」を公表。同年12月に左大腿の骨頭掻爬骨移植術、そして今年2月には右大腿骨の手術を受けリハビリを行っていた。この日は自身のツイッターで「自力で歩けるまで回復しました」とコメントを添え、実際に歩く動画を公開。

 懸命なリハビリを行い歩くまでに回復した西浦の姿にファンも「本当に良かった!」「絶対、京セラに戻ってこれます」「本当に嬉しい」「よく頑張った」と応援コメントが相次いでいた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY