国内復帰戦で黒星も田中将大が見せた「一級品の投球」 専門家でも難しい“粗探し”

日本ハム戦に先発した楽天・田中将大【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハム戦に先発した楽天・田中将大【画像:パーソル パ・リーグTV】

2被弾以降はほぼ完璧の投球「“らしさ”は見せてくれた」

■日本ハム 4ー1 楽天(17日・東京ドーム)

 楽天の田中将大投手が17日、国内復帰後初の公式戦となる日本ハム戦(東京ドーム)に先発し、5回4安打3失点で黒星を喫した。2012年8月から続いていた国内連勝のプロ野球記録は「28」でストップ。初回の2ラン、2回のソロが響いた結果となったが、それ以降はほぼ盤石の投球を見せた。結果こそ伴わなかったものの、専門家も一級品の投球にうなった。

 悔やまれるのは、2つの失投だけ。初回先頭から2死を奪いながら、3番・近藤を四球で歩かせた直後だった。4番・中田に対し、内角要求のストレートが甘く入って先制2ランを被弾。さらに、2回先頭で迎えた石井にも、144キロが高めに入って右中間スタンドに運ばれた。

 ただ、2被弾以降に許したのは1安打のみ。3回と5回はそれぞれ2三振を奪って3者凡退に仕留めた。現役時代にヤクルトや日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として21年間にわたって活躍し、ヤクルトではバッテリーコーチも務めた野球評論家の野口寿浩氏も「ホームランを打たれて以降は“らしさ”は見せてくれたのではないでしょうか」と大きくうなずく。

全ての球種が一級品「カウント3-2になっても、田中本人は困っていない」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY