田中将大の痛恨2被弾は単なる失投か? 専門家が指摘「いろんな要素も重なって…」

日本ハム戦に先発した楽天・田中将大【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハム戦に先発した楽天・田中将大【画像:パーソル パ・リーグTV】

立ち上がり順調に2アウトを奪うも…3番・近藤から球に狂い

■日本ハム 4ー1 楽天(17日・東京ドーム)

 楽天の田中将大投手が17日、国内復帰後初の公式戦となる日本ハム戦(東京ドーム)に先発し、5回4安打3失点で黒星を喫した。2012年8月から続いていた国内連勝のプロ野球記録は「28」でストップ。痛恨だったのは、初回と2回の被弾だった。その後はほぼ完璧な内容だっただけに、悔やまれる2球。専門家は「いろいろな要素も重なった」と振り返る。

 国内では2722日ぶりの公式戦マウンド。先頭の西川を148キロのストレートで空振り三振に仕留め、続く渡邉は遊撃の小深田の好守にも助けられて遊ゴロに。順調に滑り出したかと思ったが、3番・近藤を迎えると球に狂いが生じた。ストレートがすべて上ずり、1球もストライクが入らずに四球。2死一塁となり、4番・中田に154キロのストレートを左中間スタンドに運ばれた。

「あの1球はもったいなかった。失投という感じでしたね。あの田中将大とはいえ、凱旋復帰登板の初回は緊張もあったはず。そのマウンドでうまく2アウトが取れたことで、近藤と中田には“エアポケット”のようになったのかなと」

 そう振り返るのは、現役時代にヤクルトや日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で捕手として21年間にわたって活躍し、ヤクルトではバッテリーコーチも務めた野球評論家の野口寿浩氏。中田翔との対戦も「4球目までは素晴らしかった」と言う。

復帰初登板は黒星も…やっぱりすごいぞマー君「普通にやれば2桁」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY