阪神が育成外野手の小野寺と支配下契約 背番号「97」、2軍戦で打率.328と好調

阪神・小野寺暖【写真:荒川祐史】
阪神・小野寺暖【写真:荒川祐史】

2019年の育成ドラフト1位で大商大から入団

 阪神は18日、育成の小野寺暖外野手と支配下選手契約を締結したと発表した。背番号は「127」から「97」に変更される。

 小野寺は2019年の育成ドラフト1位で大商大から入団。ルーキーイヤーの昨季は2軍戦で44試合に出場して129打数30安打、打率.233、9打点。今季はここまで2軍で17試合、1本塁打、10打点、打率.328と好調だった。

 現在首位を走るチームの外野は、2年連続盗塁王の近本、サンズ、ドラフト1位ルーキーの佐藤輝が盤石。小野寺は2軍で外野のほか一塁など内野でも出場しており、持ち前の巧打でアピールしていく。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY