ダルビッシュ、カーショーの“エース対決”に米称賛の嵐「アンタッチャブルだ」

先発したパドレス・ダルビッシュ有(左)とドジャースのカーショー【写真:AP】
先発したパドレス・ダルビッシュ有(左)とドジャースのカーショー【写真:AP】

ダルビッシュは7回1安打1失点で初黒星、カーショーは6回2安打無失点で3勝目

■ドジャース 2ー0 パドレス(日本時間18日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手と3度のサイ・ヤング賞を誇るドジャース左腕・カーショーが痺れる投手戦を演じた。17日(日本時間18日)の“エース対決”を米メディアは「アンタッチャブルだった」と絶賛した。

 カーショーが6回2安打8奪三振、無失点の好投を見せると、ダルビッシュも負けじと7回1安打1失点、9奪三振の快投。試合は両チーム無得点で迎えた5回2死満塁の場面で打席のカーショーが粘りに粘って押し出し四球を選び、これが決勝点となった。

 MLB公式サイトも球界を代表する“エース対決”を「カーショーとダルビッシュの素晴らしい対決」と称え、今季初黒星を喫したダルビッシュについては「7回を通して光り輝いていたが、唯一5回につまずいた」と、押し出し四球を与えた場面を言及していた。

 米スポーツ専門メディア「ザ・スコア」の公式ツイッターでも「カーショーとダルビッシュは今夜ほぼアンタッチャブルだった」と絶賛。MLB公式でパドレス番を務めるAJ・カッサベル記者も「カーショー対ダルビッシュはこうあるべき、という内容だった」と、2人の快投に賛辞を送っていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY