「守備でも変態」 鷹・柳田悠岐、衝撃レーザービームで走者生還を阻止

好返球を見せたソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】
好返球を見せたソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

強肩でタッチアップを狙った森の生還を阻止

■西武 ー ソフトバンク(18日・メットライフ)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手がレーザービームを発動させた。18日、敵地・メットライフドームで行われた西武戦。1点ビハインドの3回に走者の生還を阻止する好返球を見せた。

 1-2とリードされた3回無死三塁のピンチ。先発の松本が西武の4番・中村に中堅へと鋭いライナーを打たれた。この打球に対して、柳田は前進しながら打球をキャッチ。タッチアップで三塁走者の森が本塁を狙うと、矢のような返球を甲斐に投じた。

 ワンバウンドで甲斐のミットに送球は収まり、間一髪のタイミングでアウトに。西武に3点目を許さなかった。このプレーをソフトバンクの公式ツイッターが動画で紹介すると、ファンは「さすがギータ…」「レーザービーム!!」「カッコよすぎる」「もう見た瞬間凄かった」「守備でも変態っぷりを見せつけるギータ」と沸いていた。

【動画】「守備でも変態」鷹・柳田が発動させたレーザービーム

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY