連敗脱出に失敗したDeNA 単打を三塁打にした桑原の“魂のダイブ”の是非

DeNA・桑原将志【写真:荒川祐史】
DeNA・桑原将志【写真:荒川祐史】

三浦監督は「積極的な気持ちは大事にしたい」と強調

■DeNA 2ー2 巨人(18日・横浜)

 8連敗中のDeNAは18日、本拠地・横浜スタジアムで行われた巨人戦に2-2で引き分け、連敗脱出はならなかった。6回の守備では、桑原将志外野手が中前の飛球に対しダイビングキャッチを試みたが、捕れずに後逸。三塁打にしてしまい、失点につながった。連敗脱出への執念が伝わってくるような闘志あふれるプレーだったが、その状況判断は賛否が分かれるところだ。

 巨人が1-0とリードして迎えた6回の守備。先頭の岡本の詰まった打球が中前に落ちようとしていた。この打球に対して、中堅の桑原は猛然と前進し、ダイビングしながらグラブを差し出した。だが、ボールはその先をすり抜けて後逸。フェンス際まで転々とし、岡本は一気に三塁を陥れた。1死となった後、岡本は大城の遊ゴロの間に生還した。

 岡本の打球は、桑原が無理をせずにワンバウンドで処理していれば、シングルヒットで済んでいた。勝敗を決するような打球ならともかく、先頭打者をいきなり得点圏まで進めるリスクを冒すべきだったかどうかは疑問が残るところ。DeNAはこの後、7回にソトが1号ソロ、8回にオースティンが同点適時打を放って引き分けに持ち込んだ。“たられば”にはなるが、6回の失点を防いでいれば、連敗を脱出できていたと言える。

 三浦大輔監督は、桑原のプレーについて「状況判断については、改めてコーチと話をしてもらう」とした上で「ああいう気持ちは大事にしたい。積極的な気持ちを消したくない」とその姿勢を評価した。危機感や必死の思いが、裏目に出ることもある。それでもDeNAナインは連敗脱出へ向け、全員で前を向いていくしかない。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY