中日与田監督が「英語喋れることに驚いた」 新助っ人3人と並んで際立つ“肩幅”

中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】
中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】

長打期待のガーバーら3選手の会見に公式YouTube密着「神動画」

 中日の新外国人選手3人が、ようやくチームに合流した。現在5位と苦しい戦いの中で、大きな戦力になることが期待される。球団公式YouTubeでは、18日にバンテリンドームで行われた会見に密着。新助っ人への期待もさることながら、同席した与田剛監督の存在感にも注目が集まっており「与田さんの肩幅が広すぎてガーバーがめっちゃ身体細く見える」「何より与田が英語喋れることに驚いた」などと驚きの声が上がっている。

 新加入3人は、マイク・ガーバー外野手、ランディ・ロサリオ投手、育成契約のルーク・ワカマツ内野手。特にガーバーは2019年に3Aで26本塁打を放った長打力が売りで、“本塁打欠乏症”のチームにとっては頼りにしたいところ。外野で出場を続けている根尾昂内野手のライバルにもなってきそうだ。映像では会見後のインタビューも撮影しており、赤毛のヒゲが特徴のガーバーは「レッドドラゴン」と友人から呼ばれていることを明かした。

 会見前には与田監督が英語で話しかける場面も紹介。球団YouTubeではこれまで人気マスコット・ドアラが牽引してきたが、新たに選手の知られざる場面を紹介するコーナーも始まり、ファンは「神動画をありがとございます!」と歓喜した。ほかにも「ガーバーやりそうやね。スイングが柔らかい。押し込めてる」「めっちゃ期待!」「ロサリオさん肩幅の事見すぎろwww」などとコメントが寄せられていた。

【動画】新助っ人よりも存在感を放つ与田監督

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY