大谷翔平、7四死球も4回7K無失点に指揮官「徐々にいい球を」 登板翌日はDH出場へ

レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

制球に課題も「彼はより長いイニングを投げていくだろう」

■エンゼルス 6ー2 レンジャーズ(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地・レンジャーズ戦に先発し、4回1安打無失点で今季初勝利はならなかった。右手中指マメの影響で投打同時出場した4日(同5日)以来16日ぶりのマウンドは、7四死球と制球に苦労しながら毎回の7奪三振。制球に課題を残しつつも、ジョー・マドン監督は「ショウヘイは徐々に良い球を投げていったと思う。握りも非常に良かった」と評価した。

 初回1死から3者連続四球で1死満塁のピンチを招いたが、スプリットで2者連続空振り三振に。2回は1死から元巨人ガルシアに四球を与えたが、捕手・スズキの二盗阻止に助けられた。1点先取した4回には、ガルシアに四球、ホルトに死球を与えて2死一、二塁としたものの、カイナーファレファをスプリットで空振り三振に仕留めた。球数制限もあり80球(ストライク37球)を投げたところで降板。フォーシームの最速は97.7マイル(約157.2キロ)で、防御率1.04となった。

 マドン監督は、初回の窮地を振り返り「一度落ち着いてから、彼の投球は良くなった。直球は97マイル出ていた。スプリットも操っていた」と強調した。直球が少なかった点に関しても、右手中指マメの影響かという質問には「私は把握していないが、制球力の問題かもしれない。私としては特定の球が彼の指を悩ませるということは聞いていない。彼に聞いてみないといけない」と淡々。降板後の大谷の様子については「彼は非常に良い表情をしていた。彼は明日DHで出場する準備は整っている」と語った。

 次回登板は90球がメドになるか問われると「勿論そう考えている」と回答。マウンドを重ねるごとに制球も改善されるとの見方を示しつつ「彼はより長いイニングを投げていくだろう。なぜなら彼はメッタ打ちに遭うことはない。四球は球数を増やし、6~7回を投げることの妨げになってしまう。制球力を少し整える必要がある。そして現実としてそうなっていく」とあらためて信頼感を言葉にした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY