「非常にダイナミックな球だった」 好打者苦しめた大谷翔平の“魔球”に指揮官絶賛

レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

7四死球も毎回の7K「何人かの好打者が苦戦している様子だった」

■エンゼルス 6ー2 レンジャーズ(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地・レンジャーズ戦に先発し、4回1安打無失点で今季初勝利はならなかった。右手中指マメの影響で投打同時出場した4日(同5日)以来16日ぶりのマウンド。7四死球と制球に苦労しながら、要所ではスプリットを効果的に使って毎回の7奪三振。その“魔球”について、ジョー・マドン監督も「非常にダイナミックな球だった」とうなった。

 初回1死から3者連続四球で1死満塁に。いきなりのピンチを招いたが、大谷は踏ん張った。スプリットで2者連続の空振り三振に。1点先取した4回には、ガルシアに四球、ホルトに死球を与えて2死一、二塁としたものの、カイナーファレファをスプリットで空振り三振に仕留めた。球数制限もあり80球(ストライク37球)を投げたところで降板。防御率1.04となった。

 スプリットが効果的だったことに、マドン監督は「何人かの好打者が苦戦している様子だった。球の良さは打者の反応を見ていればわかる」と強調。7四死球にも踏ん張った粘投には「私が言いたいのはそこなんだ。それくらい彼の球は素晴らしい。彼は四球を出しながらも奮闘していた。彼は複数の本塁打や強烈な当たりの安打を何本も打たれたことはないと思う」と評価した。

 フォーシームの最速こそ97.7マイル(約157.2キロ)だったが、打者をきりきり舞いにする“魔球”。指揮官も「マウンドに立つにつれて制球力も本来の状態になっていくだろう」と言うように、さらに頼もしい姿を見せてくれるに違いない。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY