「全盛期の新庄」「イチローでもいるんかと…」 楽天辰己の“鬼肩”にファン驚愕

強肩を披露した楽天・辰己涼介【画像:パーソル パ・リーグTV】
強肩を披露した楽天・辰己涼介【画像:パーソル パ・リーグTV】

鷹松田の二塁進塁&柳田の本塁生還を好返球で阻止した

■ソフトバンク 4ー1 楽天(21日・PayPayドーム)

 楽天・辰己涼介外野手が21日のソフトバンク戦(PayPayドーム)で2度“高速返球”を披露。二塁を狙った打者走者、本塁を狙った二塁走者を刺した。ファンからは「センターにイチローでもいるんかと思った」「全盛期の新庄やん」などの声が寄せられている。

 まずは4回の守備。ソフトバンク松田宣浩内野手が左中間へ安打を放ち、二塁を狙った。しかし捕球した辰己は捕球するや低い弾道で矢のような送球。ツーバウンドで捕球した二塁手の浅村がタッチし、松田はアウトとなった。ソフトバンクはリクエストを要求したが、判定は覆らなかった。

 これだけでは終わらない。7回2死一、二塁で栗原が放った中前打で二塁走者柳田が本塁に突入したが、猛チャージして捕球した辰己が本塁へノーバウンド送球。見事に本塁生還を阻止している。

「パーソル パ・リーグTV」が「【レーザービーム】辰己涼介『守備の人、限界突破』」として動画を投稿するとファンは反応。「このレーザービームまじでえぐい」「2つ目すげ~ドンピシャ」「これぞプロの守備やな」「センターにイチローでもいるんかと思った」「送球エグすぎる…何キロ出とるんや」「全盛期の新庄やん」など称賛の声が多数寄せられている。

【動画】楽天辰己の高速返球

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY