なぜ鷹・今宮は定期的に欠場するのか? 「休ませる」ためじゃない“本当の理由”

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

今シーズン美技を連発している今宮、不可欠な存在だからこそ…

 2年連続のリーグ優勝、5年連続の日本一を目指し、現在パ・リーグの首位に立っているソフトバンク。今季ここまでチームに不可欠な存在として、原動力となっている1人が遊撃の今宮健太内野手だろう。たびたび見せる人並外れた好プレーで幾度となく、投手を、そしてチームを救ってきている。

 ここ数年は度重なる故障によって、1年間を通してプレーできたことがなかった今宮。その影響は今もまだ続いている。チームは今季ここまで23試合を消化しているが、今宮の出場数は20試合にとどまる。スタメンで出たのは18試合だ。1週間で1試合ないし2試合はスタメンから外れている。

 この欠場は蓄積疲労やコンディション維持のために、状態を見て休みを与えている、と見られていた。だが、実際にはこれと同時に、長いシーズンを戦う上で工藤公康監督ら首脳陣、そしてトレーナー陣によって密かなプランが進められていたという。それが「休ませるためのオフ」ではなく「鍛えるためのオフ」だ。

 工藤公康監督はこう語る。「出さない理由としては疲労もあるし、筋肉の張りとかも考慮しているけど、トレーナーが言うには筋力が足りない、と言うのもある。今年はトレーナーについてもらってトレーニングもしていこう、と。そういう日も作ってやっています。出していない理由は筋力をつけて、足りないところを今増やして補填させているところなんです」。

フルシーズン戦い抜くための判断「怪我で離脱というのは絶対に避けたい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY