DeNA、育成シャッケルフォードを支配下に 背番号49「結果に一喜一憂せず」

DeNAのケビン・シャッケルフォード【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
DeNAのケビン・シャッケルフォード【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

メジャー31試合登板、2018年にトミー・ジョン手術

 DeNAは23日、育成で新加入のケビン・シャッケルフォード投手と支配下契約を結ぶことが決まったと発表した。背番号は「049」から「49」に変更される。12球団ワーストのチーム防御率4.59で、最下位に沈む窮状を救う存在として期待される。

 32歳のシャッケルフォードは、196センチの大柄な体格を生かした角度ある球を投げる速球派右腕。2017、18年の2年間に渡ってレッズで計31試合に登板。全て救援で防御率は5.35だった。メジャーでの実績こそ少ないが、マイナーでは264試合登板で18勝27敗42セーブと豊かな経験を持つ。2018年中に右肘のトミー・ジョン手術を受けた影響で2019年以降の登板はなく、昨夏に米国で行った入団テストを実施しての獲得となった。

 球団を通じて発表したシャッケルフォードのコメントは以下の通り。

「支配下登録となり非常にワクワクしています。また、この機会を頂けた事に感謝の気持ちでいっぱいです。自分自身負けず嫌いな性格なので、相手に向かっていく投球をお見せしたいと思います。結果に一喜一憂せず、質の高いパフォーマンスを続けていきたいです。横浜スタジアムで投げられる日を楽しみにしているので、これからもファンの皆さんの応援よろしくお願いします」

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY