ダルビッシュ、7回1失点9Kの力投で今季2勝目! カーショーに“有言実行”のリベンジ成功

敵地でのドジャース戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
敵地でのドジャース戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

前回は7回1安打1失点の好投も打線の援護なく初黒星

■パドレス 6ー1 ドジャース(日本時間24日・ロサンゼルス)

 パドレスのダルビッシュ有投手が23日(日本時間24日)、敵地でのドジャース戦に先発し7回4安打1失点、9奪三振の好投で今季2勝目を挙げた。2戦連続でカーショーとの投げ合いとなったが“有言実行”のリベンジに成功した。試合は6-1で勝利しチームは2連勝を飾った。

 ダルビッシュは初回の先頭ベッツにいきなり左翼線二塁打を浴びると1死一、三塁からマンシーに右前適時打を浴び1点を失う。制球に苦しみ走者を背負う場面もあったが徐々に立ち直り、4回はこの日初めてとなる3者凡退に仕留めた。

 5回は先頭のカーショーに左前打を浴びたが、続くベッツの打球を左翼手ファムが好捕。スタートを切った一走のカーショーが戻れず併殺に仕留めるなど力投を見せる。

 圧巻だったのは6回。中軸のターナー、マンシー、リオスを3者連続三振に抑える快投。7回は1死一、二塁のピンチを招いたが代打ノイジーを95マイル(約153キロ)の直球で空振り三振、そしてベッツには強烈なライナーを浴びたが三塁手マチャドがダイビングキャッチの好捕を見せ無失点に抑え降板となった。

 前回登板(18日)は7回1安打9奪三振1失点の好投も打線の援護なく今季初黒星を喫しており試合後は「次はカーショー相手にしっかり勝てるようにしたい」と雪辱を誓っていた。この日はカーショーが3被弾で7回3失点で降板し今季2敗目、ダルビッシュは7回4安打1失点、9奪三振の快投で2勝目を挙げリベンジに成功した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY