澤村拓一、1回1/3無失点3Kの好救援でメジャー初勝利! 菊池は5回途中5失点で今季初黒星

本拠地でのマリナーズ戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】
本拠地でのマリナーズ戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】

4回2死一、二塁のピンチの場面でリリーフ登板しハニガーを空振り三振

■レッドソックス 6ー5 マリナーズ(日本時間24日・ボストン)

 レッドソックスの澤村拓一投手が23日(日本時間24日)、本拠地で行われたマリナーズ戦に救援登板し1回1/3、1安打無失点、3奪三振の投球を見せメジャー初勝利をマークした。一方、先発のマウンドに上がったマリナーズの菊池雄星投手は4回2/3、6安打5失点で今季初黒星となった。

 澤村が好リリーフを見せメジャー初勝利を手にした。出番は4回。1点リードの2死一、二塁の場面でマウンドに上がるとハニガーを91.3マイル(約147キロ)のスプリットで空振り三振に仕留めピンチを脱出。

 さらにイニング跨ぎとなった5回もマウンドに上がると2死一塁からホワイトに左翼越え二塁打を浴びたが、三塁を狙った一走シーガーを左翼バードゥーゴが好返球でアウトにし無失点で切り抜けた。

 一方、マリナーズの先発・菊池は2被弾を含む6安打を浴び4回2/3、5失点で今季初黒星を喫した。試合は6-5でレッドソックスが勝利し、2番手で登板し1回1/3、1安打無失点の好投を見せた澤村がメジャー初勝利を手にした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY