ロッテ優勝へ「彼が結果を残せば…」 “下克上”成し遂げた元監督が挙げるキーマン

ロッテ・オリックスで監督を務めた西村徳文氏【写真:荒川祐史】
ロッテ・オリックスで監督を務めた西村徳文氏【写真:荒川祐史】

打線ではマーティンと荻野を評価、安田は「もう少し打率を…」

 ロッテが好調だ。13日の楽天戦から21日の日本ハム戦まで2引き分けを挟んで6連勝。23日からのソフトバンク3連戦も2勝1敗で勝ち越し。27試合で13勝10敗4分けと3つの貯金を作り、首位ソフトバンクと1ゲーム差さの3位につけている。現役時代はロッテで首位打者を1度、盗塁王を4度獲得し、監督として2010年にロッテを日本一に導いた西村徳文氏に好調の要因を聞いた(成績はすべて4月25日時点)。

 スタートはつまずいた。開幕カードでソフトバンクに3連敗、続く楽天にも2連敗で、いきなり5連敗を喫した。ソフトバンク戦では抑えの益田直也が打たれて2度のサヨナラ負け、楽天との2試合は0、1点と打線が機能しなかった。

 しかし、立ち直りは早かった。4月1日の楽天戦で16点を奪って連敗を5で止めると、翌2日の日本ハム戦も16得点で大勝。その後も打線は活発で、12球団トップの137得点を挙げている。「5つの借金を返すのは決して簡単ではない。大きな連勝がなければ1か月くらいはかかります」と西村氏。ロッテは約3週間で完済し、現在は貯金を作っている。地力がついた証だろう。

「打線は1番から5番までが機能している。特にマーティンの存在が大きいと思います」と、西村氏は開幕3戦目から2番に固定されている助っ人の活躍が大きいと語る。ここまで8本塁打はリーグトップ、21打点もリーグ2位だ。

 開幕から4番に固定されている安田尚憲内野手ははリーグトップの28打点。「去年から首脳陣が我慢して使い続けて、ようやく結果を出し始めています」とチームの育成方針を評価するが、「4番としてチームを引っ張っていくには、今の打率(.230)ではちょっと寂しい」と注文も付けた。

投手では唐川の存在が大きいと指摘、藤原の台頭が“必要不可欠”とも

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY