完全にスーパーマン「なんてキャッチだ」 空中で横一文字の“今季最高”ダイブ

ヤンキースのクリント・フレイジャー【写真:Getty Images】
ヤンキースのクリント・フレイジャー【写真:Getty Images】

ヤンキース左翼手フレイジャーが猛チャージからダイビングキャッチ

■インディアンス 7ー3 ヤンキース(日本時間26日・クリーブランド)

 ヤンキースのクリント・フレイジャー外野手が25日(日本時間26日)、敵地のインディアンス戦で超ファインプレーを見せた。8回守備で左中間への大飛球をダイビングキャッチ。この美守を取り上げた米スポーツ局・ESPNの人気番組「スポーツセンター」の公式ツイッターにはファンから驚きの声が集まった。

 3-7で迎えた8回2死。左翼・フレイジャーはルプローの左中間への打球にチャージをかけ、飛ぶようにジャンピングキャッチ。キャッチした後には、ボールを持った右手を高く挙げて捕球をアピールした。敵地もどよめく大ファインプレーだった。

 スポーツセンターの公式ツイッターには、ファンからは「エア・フレイジャー!」「なんてこった」「飛んだ!」「なんてキャッチだ」「どうやったらこんなに飛べるの? 空から落ちることもきっと恐れないのだろう」「今季最高のキャッチ」「これは信じられない!」「ゴールドグラブ!」などと称賛のコメントが多く集まった。

【動画】“今季最高”のスーパーマンキャッチ映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY