大谷翔平は「自分の力で何でもやってしまう」 二塁から生還の快足に米記者も驚愕

初回に好走塁で先取点のホームを踏んだエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
初回に好走塁で先取点のホームを踏んだエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

1回にウォルシュの安打で二塁から快足を飛ばして生還した

■レンジャーズ ー エンゼルス(日本時間27日・テキサス)

 エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、敵地のレンジャーズ戦に「2番・投手」で先発し、1回表の第1打席で四球で出塁。トラウトの中前打で二進、ウォルシュの右前打で快足を飛ばして先制のホームを踏んだ。そのスピードは29.3フィート(秒速8.9メートル)だった。

 MLBの公式データ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー記者は自身のツイッターで大谷の走塁に言及。二塁から本塁への走塁で、29.3フィートを記録したという。MLB平均は27フィート(秒速8.2メートル)といい、大谷の快足ぶりが分かる。

 米紙「ワシントンポスト」の二ール・グリーンバーグは自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニが登場し、自分の力で何でもやってしまう」と記した。

 4月10日(同11日)のマリナーズ戦では凡ゴロに対して猛然と一塁へダッシュ。秒速29.6フィート(約9.1メートル)のスピードで相手失策を誘った。大谷は投打だけではなく脚力でもメジャーを驚かせている。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY