敷田直人審判員が通算1500出場達成 西武レオも祝福、ファンから愛される“卍ポーズ”

通算1500出場を達成した敷田直人審判員【写真:荒川祐史】
通算1500出場を達成した敷田直人審判員【写真:荒川祐史】

27日の西武対ロッテ戦で三塁塁審で出場し通算1500出場を達成

■西武 ー ロッテ(27日・メットライフ)

 日本野球機構の敷田直人審判員が27日、西武対ロッテ戦(メットライフドーム)で三塁塁審で出場し、通算1500出場を達成した。

 敷田審判員は見逃し三振の際に手足を大きく使ったお馴染みの“卍ポーズ”が有名で多くのファンからも愛されている。試合成立の5回を終えたところで通算1500出場となり、西武のマスコットのレオとライナから花束を受け取った。

 初出場は2001年5月25日、横浜スタジアムで行われた横浜対ヤクルト戦で一塁塁審でデビューした。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY