女手一つで育ててくれた母に「勝てたよと伝えたい」 20歳の西武上間が初勝利

プロ初勝利を挙げた西武・上間永遠【写真:荒川祐史】
プロ初勝利を挙げた西武・上間永遠【写真:荒川祐史】

沖縄出身、高校は大分、四国・徳島で腕磨き“最短”でプロへ

■西武 3ー1 ロッテ(27日・メットライフ)

 プロ2年目・20歳の西武・上間永遠(うえま・とわ)投手は27日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に先発し5回5安打無四死球1失点の好投。プロ2年目にして初勝利を挙げ、チームの連敗を「6」で止めた。今年4月8日の楽天戦で1軍デビューしたばかり。通算3試合目の右腕がチームの救世主になれたのはなぜか──。

 お立ち台でウイニングボールの行方を聞かれると、「お母さんにあげたいと思います」と即答。沖縄・那覇市生まれで、現在41歳の母・多美子さんに女手一つで育てられた。「『勝てたよ』と伝えたい。感謝しています。高校で県外に出る時も、『自分が思う通りに』と言ってくれて、大会の時にはいつも見に来てくれました。負担をかけたかもしれないけれど、ひとつ恩返しができたかなと思います」。朴訥とした口調で言葉を絞り出した。

 高校は大分・柳ヶ浦高へ進学し、3年生の夏に県大会の決勝まで進出したが、甲子園には届かなかった。プロ志望届を提出したものの声がかからず、四国アイランドリーグplus・徳島に1年在籍した後、2019年ドラフト7位で入団。大学へ進学すればプロ入りまで4年、社会人でも3年かかる中、“最短コース”を選択した。「母のために」との思いが、転んでもただでは起きない逞しさにつながっているのではないだろうか。

 この日は過去2試合の1軍戦登板を、漏れなく教訓として生かした。「最初の試合(8日、楽天戦)では大量失点し(5回まで1失点の好投も、6回に4安打を浴び一挙3失点)、前回登板(20日、オリックス戦)では(味方に)点を取ってもらった直後に2失点してしまった。今日はしっかり抑えられてよかった」と振り返る。

「緊張もせず投げているように見えた」辻監督も舌を巻く度胸

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY