ダルビッシュも「すごく良い」と太鼓判 被打率.000、21歳左腕の宝刀スライダー

パドレスのライアン・ウェザース【写真:AP】
パドレスのライアン・ウェザース【写真:AP】

ライアン・ウェザースはここまで5試合15回1/3を投げ防御率0.59

 オフにダルビッシュ有投手をはじめ、ブレイク・スネル投手、ジョー・マスグローブ投手とエース級を立て続けに獲得したパドレス。球界屈指と言われる投手陣の中で、21歳の新人左腕が存在感を見せている。その名はライアン・ウェザース投手。ダルビッシュも「すごく良い」と絶賛するスライダーを武器に、快投を続けている。

 ウェザースは2018年のドラフト1巡目(全体7位)指名でパドレスに入団。メジャーデビューを果たしたのは2020年の10月6日(日本時間7日)、なんとドジャースとの地区シリーズでのことだった。マイク・クレビンジャー投手の怪我を受けての緊急昇格。その時点でレギュラーシーズンでの登板はおろか、1Aより上での登板経験もなかったが、1回1/3を見事ゼロに抑え期待に応えた。

 今季は開幕から26人枠ロースター入りを果たし、4月3日(日本時間4日)のダイヤモンドバックス戦で“レギュラーシーズンデビュー”。3回を投げ、メジャー初セーブを挙げた。その後2試合は中継ぎでの起用だったが、同16日(同17日)のドジャース戦でメジャー初先発。3回2/3を1安打2四球3奪三振で無失点に抑えた。さらに同22日(同23日)も再びドジャース相手に先発すると、5回2/3を1安打1四球6奪三振で無失点。昨季のワールドシリーズ王者を2試合続けて封じ込めた。

 目を見張る投球も、直近で見ているダルビッシュにとっては当たり前だったのかもしれない。今季の開幕前、「ピッチング・ニンジャ」の愛称で投球分析を行い、メジャーリーガーからもフォローされるロブ・フリードマン氏が公開した対談動画で、「パドレスで最高のスライダーを投げるのは誰か?」と質問されたときだった。開幕投手を担うことになるエース右腕は「スライダーだとウェザースがすごく良い」と名前を挙げ、フリードマン氏を驚かせた。

 ウェザースはここまで5試合15回1/3を投げ、1勝0敗1セーブ、防御率0.59と安定感抜群の投球を続けている。ダルビッシュも認めたスライダーは計75球を投じ、被打率.000。1度もヒットを許していない。MLB公式サイトが選ぶ「ここ2週間で最も熱いルーキー」10選にも名を連ねている。快進撃がどこまで続くか、目が離せない。

【動画】ダルビッシュも絶賛したウェザースのスライダー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY