大谷翔平、審判をも迷わせたフェン直二塁打 監督も思わず「本塁打打ったことに…」

第2打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第2打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

マドン監督によると三塁塁審の判断でリプレー検証がなされたという

■エンゼルス 4ー3 レンジャーズ(日本時間29日・テキサス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地のレンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。第2打席で先発右腕ダニングの90.4マイル(約145.5キロ)をとらえ、左翼フェンス直撃の二塁打を放った。

 速度105マイル(約169キロ)の打球はフェンス上部に引かれたライン付近に当たり、本塁打か否か微妙だったことから審判団は改めて映像で確認してインプレーと判定した。マドン監督は「(本塁打の)チャンスが少しでもあるのなら、ショウヘイが本塁打を打ったということにしたかった」と振り返った。

 本塁打かインプレーか。大谷が放った一打は審判団も迷わせた。マドン監督によると、自身がチャレンジを要求したのではなかったという。指揮官は「審判団のレビューだった。ロニー(三塁塁審のカルパ氏)に話しかけたんだが、彼は『一応確かめるために映像を見てみよう』と言っていた。ロニーの判断だった」と説明。「ラインに当たっていた。あのボールもインプレーだった」と振り返り、「(本塁打の)チャンスが少しでもあるのなら、ショウヘイが本塁打を打ったということにしたかった」とも語った。

 ここまで7本塁打。この一撃が本塁打の判定ならばリーグトップタイの8号になっていたが、あと数センチ届かなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY