開幕ダッシュに成功の阪神 強みは巨人を上回る投手陣も16年ぶりVへの不安材料は?

阪神・矢野燿大監督(左)と巨人・原辰徳監督【写真:荒川祐史】
阪神・矢野燿大監督(左)と巨人・原辰徳監督【写真:荒川祐史】

投手力の阪神「層が厚く余程のことがないと崩れない」

 開幕して1か月が経過したプロ野球。セ・リーグは阪神が頭ひとつ抜け出し、ヤクルト、巨人が追う展開になっている。宿命のライバルと言われる阪神と巨人の対戦成績は3勝3敗と互角。戦前の予想通り、両チームによる優勝争いが繰り広げられるのだろうか。現役時代にヤクルト、楽天で外野手として7度のゴールデングラブ賞を受賞した野球評論家・飯田哲也氏は「今年は最後まで面白い戦いになると思います」と、両チームのマッチレースを予想した。

 飯田氏が高く評価するのが阪神。先発投手がローテをしっかり守るなどリーグトップのチーム防御率をマークし、打撃も勝負強さを見せ開幕ダッシュに成功した。「充実した先発陣に、外国人選手が好調な打線。投打のバランスがいい。昨年も阪神は打てば勝てると言われていましたが、得点力がアップしたことで現在の成績になっていると思います」と語る。

 ジェリー・サンズ内野手が打率.272、7本塁打、20打点、昨季は故障で29試合出場に終わったジェフリー・マルテ内野手も打率.283、6本塁打、18打点とポイントゲッターとして機能している。「2人が打つことで4番の大山もプレッシャーが軽減されて、うまく引っ張られています。糸原も高打率を残している。(ドラフト1位の)佐藤輝は三振は多いですが、打点が多いし、ホームランも少なくとも20本は打つでしょう。近本の状態が上がり、出塁してかき回すようになれば得点力はさらに高くなるはずです」。

 もともと評価が高かった投手陣も評判通りの力を発揮している。先発では西勇輝、青柳晃洋、秋山拓巳、ドラフト2位ルーキー伊藤将司らが安定した投球を見せ、来日2年目のジョー・ガンケルも開幕4連勝と好調だ。救援陣も抑えのロベルト・スアレスを中心に岩崎優、岩貞祐太、小林慶祐、加治屋蓮ら駒が揃っている。今季復活が期待された藤浪晋太郎は2軍再調整となったが、飯田氏は大きな問題にはならないとみている。

「チームにはまだまだ投手がたくさんいます。層が厚いので余程のことがなければ崩れることはないと思います。不安があるとすれば、優勝を経験した選手がほとんどいないので、終盤にもつれた展開になった場合は焦りやプレッシャーなどが出てくるかもしれないということでしょうか」。2005年を最後にセ・リーグ優勝から遠ざかっているだけに、そこが不安材料だと指摘する。

巨人は岡本和が打たなければ「優勝はないと思います」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY