台湾球界に挑戦、田澤純一はいま何を思う… 刺激を与える“元近鉄戦士”の存在

味全・田澤純一【写真:Getty Images】
味全・田澤純一【写真:Getty Images】

今季からCPBL・味全でプレー、若いチームで守護神として奮闘

 今季から台湾プロ野球(CPBL)に戦いの舞台を求めた右腕がいる。味全ドラゴンズでプレーする田澤純一投手だ。今季からCPBLに再加入したチームで守護神としてマウンドに上がり、4月30日現在、16試合に登板して6セーブ(3敗1ホールド)をマーク。MLB、ルートインBCリーグに続く、自身にとって3つ目のプロリーグで投球の道を追い続けている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、2009年から11シーズンを過ごした米国を離れて日本に戻ったのが昨年のこと。所属先を探しながら国内でトレーニングを積んでいた田澤にオファーを出したのが、BCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズだった。日本の独立リーグでプレーする右腕の姿にNPB球団も注目。世論の盛り上がりも手伝って、いわゆる“田澤ルール”の撤廃が決まり、球界に大きな変化をもたらした。結局、同年10月のドラフト会議で34歳の田澤は指名されず。去就が注目される中で選んだのが台湾だった。

 NPBより一足早く3月13日に開幕したCPBL。1軍は今季からリーグ本格復帰となった味全は、投手も野手も若手が多く、経験を買われた田澤は開幕投手より守護神を務める。発展途上のチーム事情もあり、味方の守備に足元をすくわれることも少なくない。それでも淡々とマウンドに上がり、白球を投げ続ける田澤に近況を聞いた【聞き手・構成 / 佐藤直子】

台湾の新型コロナ感染者はほとんどいない、試合中のマスク着用は人次第

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY