ダルビッシュ、7回途中1失点で3勝目の権利を持って降板 今季最多12K、防御率2.13

ジャイアンツ戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有(中央)【写真:AP】
ジャイアンツ戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有(中央)【写真:AP】

本拠地ジャイアンツ戦で6回1/3で12奪三振3四球1死球4安打1失点

■パドレス ー ジャイアンツ(日本時間1日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は4月30日(日本時間1日)、本拠地のジャイアンツ戦で今季6度目の先発。7回途中で毎回12三振を奪い、4安打1失点と力投した。今季3勝目の権利を持って降板。防御率2.13となった。

 圧巻の奪三振ショーだ。同点の6回。先頭・トークマンに二塁打を許したが、ここからエンジン全開だった。ポージー、ベルト、ディッカーソンのクリーンアップを3者連続三振。マウンド上で雄叫びをあげた。失点は初回2死のポージーの右越えソロによる1点のみ。6回1/3で今季最多107球(ストライク69球)を投げ、今季最多12奪三振、3四球1死球、4安打1失点に抑えた。

 ダルビッシュは前回23日(同24日)の敵地・ドジャース戦で7回4安打1失点。3度のサイ・ヤング賞を受賞しているカーショーに投げ勝ち、2勝目(1敗)を挙げていた。このまま勝ちをつかめるか。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY