「1打席に夢中になれるように」 DeNA倉本は代打打率.357、現役への愛着と執念

DeNA・倉本寿彦【写真:荒川祐史】
DeNA・倉本寿彦【写真:荒川祐史】

三浦監督「あの場面は速い球に対応できる倉本」と采配を自画自賛

■DeNA 10ー2 ヤクルト(1日・横浜)

「秘訣はありません。必死です」。DeNA・倉本寿彦内野手は1日、本拠地・横浜スタジアムで行われたヤクルト戦の6回に代打で登場して決勝打を放ち、試合後の報道陣の取材にそう答えた。今季代打では.357(14打数5安打)の高打率だ。

 DeNAは2-2の同点で迎えた6回、相手先発の高梨を攻めて無死満塁の絶好機を作ったが、ここで2番手の右腕・近藤がマウンドに上がると、宮崎、ソトが連続三振。暗雲が垂れ込めた。払拭したのは、戸柱の代打として左打席に入った倉本。近藤が初球に投じ156キロを計測した外角低めのシュートを中前へはじき返し、2者を生還させた。チームはこれで勢いに乗り、結局10-2で大勝した。

 三浦大輔監督は「あの場面は速い球に対応できる倉本。代打で結果も出していますから。無死満塁から2死となった嫌な流れを、こちらに引き戻してくれた」とズバリ当たった代打策を自画自賛した。

「チャンスだったので、初球から行くぞと決心がつきました」と倉本。「昨日同じ投手にやられたので、絶対やりかえすぞ、という気持ちでした」と明かした通り、前日(4月30日)の同カードでも7回に代打で登場し、同じ近藤と対戦。150キロ超のシュートで追い込まれ、カウント2-2から高めのカットボールを振らされ三振に倒れた。悔しさとともに球筋のイメージが脳裏に刻まれていた。

日立ソフトボール部の妹・美穂さんが引退、現役への執念新た

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY