西武山川、2軍戦で復帰後初アーチ! 左翼へ特大2ランも“どすこい”はお預け

2軍戦で復帰後初アーチとなる先制2ランを放った西武・山川穂高【画像:パーソル パ・リーグTV】
2軍戦で復帰後初アーチとなる先制2ランを放った西武・山川穂高【画像:パーソル パ・リーグTV】

左太腿裏の軽い肉離れで離脱中だった山川は1日のヤクルト戦で復帰していた

 西武の山川穂高内野手が3日、イースタン・リーグの楽天戦に「4番・一塁」でスタメン出場。初回の第1打席で復帰後初アーチとなる先制2ランを放った。

 山川は初回2死一塁で迎えた第1打席で左腕・塩見と対戦。内角低めの変化球を捉えた打球は一直線で左翼ネットに突き刺さる特大の先制2ランとなった。ダイヤモンドを1周した山川はナインとハイタッチを交わし“どすこい”パフォーマンスは行わずベンチに腰を掛けた。

 左太腿裏の軽い肉離れで離脱中だった山川は1日の同リーグ・ヤクルト戦で「4番・DH」で復帰。この日は一塁の守備に就き2試合連続のスタメン出場だった。

【動画】完璧な一発! 西武山川が2軍戦で特大の2ラン

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY